無料で使えるサービスと有料で使えるサービスの違いについて

翻訳ツールを使いたい!でもどんな違いがあるの?

自サイトを翻訳する時に便利なのが翻訳ツールです。自動翻訳ツールを導入するだけで既存のホームページが簡単に外国の言語へ翻訳できるのです。あらゆる言語へ対応しているツールもありますが、翻訳精度や有料無料など違いはあります。この違いは何なのでしょうか。まずは、対応言語です。対応している言語が多いほど便利ですが、有料となる場合がほとんどです。とりあえず主要な言語である英語だけで良い場合や制度はあんまり期待してないなど、機能面でこだわりが無いのであれば無料の自動翻訳ツールでも十分では無いでしょうか。ただ、多くの言語へ対応させたい場合や他にもツールが付属するので活用したい場合は有料のツールを用いましょう。

有料無料の違いってどんなところに現れるの?

自動翻訳ツールを導入することでサイトに訪問した海外からのお客へ対してもアピールすることができます。ただ、無料ツールでは意訳が不得意であったり、簡単な文章でも誤訳する可能性も捨てきれません。そこで、有料の自動翻訳ツールでは読み上げ機能が備わっているだけではなっく、ツールを導入したサイトに特化した翻訳をさせることが可能です。例えば、医療や法律など専門性の高いサイトに導入するのであれば有料のツールのほうがより精度の高い翻訳をさせることができます。もちろん、無料のツールでも翻訳をさせることは可能でしょうが、変な翻訳がされていないかチェックする必要があり、そのためのコストが発生してしまうリスクのほうが大きいのです。